破産 免責 許可

自己破産をするしか無さそうだけどその原因がギャンブルだったりで免責許可が下りるか不安だ。自己破産ができなければもう手立てがないしどうすればよいかわからない、免責許可の基準はどうなっているのでしょう。

破産 免責 許可 > 破産の免責許可がおりるか不安になったら

自己破産をするしか無さそうだけどその原因がギャンブルだったりで免責許可が下りるか不安だ。自己破産ができなければもう手立てがないしどうすればよいかわからない、免責許可の基準はどうなっているのでしょう。

自己破産は免責許可が下りないと成立しない

借金の支払いができなくなった、メドも立たない、もう自己破破産しか手段はないと思うのだけど免責許可が下りなければ自己破産が成立せず借金を解決することにはならないと聞いている、特にギャンブルでの借金はダメだと言うけどどうしたらいいのだろう・・・

借金問題を自己破産で解決したいと思うけどこのようなことが気になりダメだったことを考えると怖くて相談もできず苦しい日々を送っているという悩みが多くあります。

自己破産は抱えている借金を払わなくても良くしてもらう法的手続きですが、一番の関門が免責許可というのもでこれを裁判所に許可してもらって始めて自己破産が完了します。言い換えれば許可されないと自己破産として認められないということです。

破産を覚悟しても認められないことってあるのか?と思ってしまいますが免責が許可されない(免責不許可事由)というものがあり、ギャンブルによる借金やすでに行き詰まって返済のメドが立たないのにそれを偽って新たに借入をしたり、財産隠しを行ったり、破産手続きの開始を遅らせるためにクレカ等で商品を購入し転売したりというのがそれに当たります。

ただ、借金整理の最後の砦ともいえる自己破産で免責が許可されないとそれこそ自殺でもしなければ収集つかないというとんでもないことになってしまいます。

これは破産法により定められているものですが、実際には幅広い判断で免責許可が下りるということが多くなっているのでまずは早まらない!事が大事です。

多くあるのがギャンブルによる借金ですが、ギャンブルそのものも原因ではあるがそのために生活に困窮して借金がふくらんだということになれば免責が下りる事になります。

よほど悪質だったり常習的なものでないかぎりは免責が下りないということはそれほど多くないと思って大丈夫です。

裁判所に対する陳述書の内容も書き方で変わってきます。これは借金問題に強い弁護士のアドバイスのもとで作成することで免責許可になる確率は大幅にアップします。

どうなのだろうと不安に思って悩むよりまずは相談してみることで道も開けてきます。

借金問題に強い弁護士に無料相談してみる

借金解決は自己破産だけではありません

自己破産ができないとどうしたらいいのかわからないし相談も怖くてと思ったりもしますが解決の手段は自己破産だけではありません。

最近多くの人が利用している「任意整理」
これは裁判所を通さずに直接交渉して借金を減額してもらい無理のない支払いができるようにしてもらうものですが、特に家族や周りに内緒にして整理したいという場合にも成功率が高いものになっています。

交渉なので成功率は交渉力次第ということもありますし、相手が納得するかどうかという問題も出てきます。

ここでもやはり交渉力や実績が高い弁護士や法律事務所に依頼することでうまくいく確率が大幅に高まります。自己破産の手続きをして任意整理に臨むということもありそうなると業者の方は自己破産でまるまる未払いになるよりは少しでも回収できるということで交渉が成立しやすくなるということもあります。

借金解決は借りた先に対する戦術とも言えるものが成功率にも多大な影響をおよぼすのでどの方法がよいのかそしてどのように進めていくのかは頼りになるパートナー選びがとても大事なものだと言えるのです。

一口に弁護士といってもそれぞれに得意分野があるということも理解しておきましょう。

最適な相談所選びも匿名で可能です